ジャパニーズホラーのリメイク作品なんだそう。

力強い幽霊がある意味面白いです。





作品情報



2012年製作/85分/アメリカ
原題:Apartment 1303 3D
監督:ミシェル・タベルナ

ざっくりあらすじ





アルコール依存症の母のもとを離れ、デトロイトの高層マンションでひとり暮らしを始めたジャネット。

しかしその直後、1303号室のバルコニーから落下して亡くなってしまう。

警察は自殺と断定するが姉のララは納得できず、死の真相を探るため1303号室を訪れる。

しかしその部屋には、恐ろしい秘密が隠されていた。
映画.com


登場人物



ララ(ミーシャ・バートン):ジャネットの姉。妹の死に納得がいかない。

ジャネット(レベッカ・デモーネイ):アパートの幽霊に殺された。

マーク(コリー・セビエール):ジャネットの恋人。

刑事(ジョン・ディール):ジャネット殺しの犯人を探している。

あらすじ・感想



折り合いの悪い母親から逃げるように、単身アパートに引っ越しをしたジャネット。

しかし、引っ越した翌日、ベランダから転落死してしまうのです。

自殺と断定されたことに納得のいかない姉のララは、真相を探るためジャネットの部屋に住むことにしたが・・・という流れです。


どうやら部屋には女の地縛霊がいて、入居した人間を殺しているらしい。

いたって普通の設定なんですが、この幽霊が問題です。

なんか幽霊っぽくない。

はっきり映りすぎて全然怖くない。

確かに顔色は悪いけど、幽霊ではなくてただの同居人や侵入者のようにも見えます。

極めつけがジャネットをベランダから落とすシーンです。

ドンって突き飛ばしたり、足掴んでベランダまで引きずったり、まさかの物理的攻撃です。

いやいや、あなたさっき念力っぽいのでふっとばしてたやん?

何であえての力技?


幽霊の話も特に掘り下げることはなく、なんだかよく分からないうちに終わってしまいました。

もう見ることはないでしょう。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村